Special Interview

加藤綾子さんに「万華響」の魅力について
語っていただきました!

私がPRアンバサダーを務める2018年の万華響公演は、昨年から始まった公演で、
今回は第2章ということで、内容も更にパワーアップしてお届けしています。

加藤綾子さんから見た「万華響」の見どころは?

見どころとしては、国内外で活動しているウルトラテクノロジスト集団『チームラボ』とタッグを組んで、最新鋭のプロジェクションマッピングを駆使した映像演出です。さらに舞台美術やファッション界で世界的に活躍している松井るみさんやコシノジュンコさんといった方々が参画。そして何より、和太鼓エンタテインメント集団『DRUM TAO』のメンバーが織りなす、伝統的かつ前衛的な迫力の和太鼓サウンドが本当に格好良いんです。

『チームラボ』のデジタルアートとの美しさと、『DRUM TAO』のダイナミックでパワフルな演奏に心揺さぶられ、より万華響の世界観に吸い込まれていき、「日本って、本当に格好良いな!」というのを、改めて実感させてもらえるようなステージです。

「万華響」の最大の特徴はどんなところでしょうか?

ノンバーバルという言葉を使わないエンタテインメントなので、日本語がわからない方でも五感すべてで感じ、身体全部を使って感じるステージだと思います。コシノジュンコさんが手掛けられた衣装もまた、舞台上でとても映えていて、『DRUM TAO』メンバーの鍛え上げられた肉体美がとても素敵なんです。

万華響公演PRアンバサダーとしてひとこと!

このステージは、『東京、夜を楽しむようなステージに』というコンセプトのもと始まったそうなので、もちろん友達や家族にも観てもらいたいですが、日本のみならず海外の方にも伝えていきたいと思います。
とにかく本当に観ていただかないと、この迫力というのはわからないと思います。これまでの和太鼓とか伝統楽器のイメージというものがガラリと変わり、そして新しいものに生まれ変わると思います。
何度観てもその回その回で、違った楽しみ方や迫力を味わえるまさに、日本独自の上質なエンタテインメントを目指す新感覚のエンタテインメントですので、ぜひ皆さんに体感していただきたいです。

チケットページ
ページTOPへ戻る

オンライン限定予約が可能です。