JTBコミュニケーションデザイン主催 オリジナルエンタテインメント公演
『万華響-MANGEKYO-』 2018 年度秋期公演チケット販売開始!

JTB グループで様々なコミュニケーションサービスを提供する、株式会社 JTB コミュニケーショ ンデザイン(東京都港区、代表取締役社長:細野 顕宏、以下 JTB コミュニケーションデザイン)は、 2018年5月から開催の『Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo 万華響- MANGEKYO-』公演の秋期公演チケットを、6月20日より販売開始します。

和太鼓サウンドと光の融合による迫力の演出

万華響

『万華響-MANGEKYO-』は JTB コミュニケーションデザインと、世界24ヵ国500都市での公演で観客動員数800万人に迫る実績を誇る、和太鼓エンタテインメント集団 DRUM TAO(ドラムタオ)が共同で企画、制作をする、東京の新しいエンタテインメントコンテンツです。

本公演は、デジタル分野のさまざまな専門家から構成され、集団的創造をコンセプトに、国内外で活動しているウルトラテクノロジスト集団『チームラボ』とのタッグによるプロジェクションマッピングや、伝統的かつ前衛的な迫力の和太鼓サウンドと光の融合が、見事に演出されています。また、デザイナーのコシノジュンコ氏が洗練されたデザイン性の高い衣装をプロデュースし、400作品以上の著名なライブ・オペラなどを支えるセットデザインを手掛ける松井るみ氏が本公演の舞台美術を担当するなど、 日本独自の上質なエンタテインメントが創出された公演となっています。

全241公演を開催予定

今年の5月から開幕した本公演は、国内外からも好評を博しました。秋期公演は、9月1日から30日まで開催の有楽町・オルタナティブシアターを皮切りに、いよいよ10月4日から11月20日の期間にて、新宿・ルミネゼロに拠点を移して展開します。

JTBコミュニケーションデザインは、『万華響-MANGEKYO-』の魅力を国内外に発信することで、「世界が訪れたくなる東京そして日本」を目指す取り組みにも貢献していきます。また、新たなエンタテインメント交流拠点としてデザインすることで、新たなコミュニケーションを創造していきます。

話題のパフォーマンスを体験しよう!

【2018 年度『万華響-MANGEKYO-』秋公演開催概要】

開催概要

名称
Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo 万華響-MANGEKYO-
主催
株式会社JTBコミュニケーションデザイン、日本テレビ放送網株式会社
企画・制作
株式会社JTBコミュニケーションデザイン、株式会社タオ・エンターテイメント
出演
DRUM TAO(ドラムタオ)
オフィシャルパートナー
全日本空輸株式会社、株式会社JTB
協力
株式会社スタジオアルタ、LUMINE 0(ルミネゼロ)
公式サイト
https://mangekyo-tokyo.com/

有楽町公演

開催期間
2018年9月1日(土)~30日(日)※全66公演
開催時間
公演①:開場13:00/開演13:30 ※1公演約70分間
9月2・5・6・7・8・9・12・13・14・15・16・17・19・20・21・22・23・24・26・27・28・29・30日
公演②:開場16:30/開演17:00 ※1公演約70分間
9月1・2・4・5・7・8・9・11・12・14・15・16・17・19・21・22・23・24・26・28・29・30日
公演③:開場20:00/開演20:30 ※1公演約70分間
9月1・4・5・6・7・8・11・12・13・14・15・16・19・20・21・22・23・26・27・28・29日
会場
オルタナティブシアター(有楽町)
東京都千代田区有楽町 2 丁目 5 番1号 有楽町マリオン(有楽町センタービル)別館 7F

新宿公演

開催期間
2018年10月4日(木)~11月20日(火)※全101公演
開催時間
公演①:開場13:00/開演13:30 ※1公演約70分間
10月6・7・8・10・11・12・13・14・17・18・19・20・21・24・25・26・27・28・31日
11月1・2・3・4・7・8・9・10・11・14・15・16・17・18日
公演②:開場16:30/開演17:00 ※1公演約70分間
10月5・6・7・8・10・12・13・14・16・17・19・20・21・23・24・26・27・28・30・31日
11月2・3・4・6・7・9・10・11・13・14・16・17・18・20日
公演③:開場20:00/開演20:30 ※1公演約70分間
10月4・5・6・7・10・11・12・13・16・17・18・19・20・23・24・25・26・27・30・31日
11月 1・2・3・6・7・8・9・10・13・14・15・16・17・20日
会場
ルミネゼロ(新宿)
東京都渋谷区千駄ヶ谷 5丁目24番55号 NEWoMan Shinjuku 5F
入場料
◎SS席・車イス席:9,500円/S席:8,500円/A席:7,500円(全て税込)
※車イス席チケットの購入は電話での事前申込が必要となります。

◎セット券:85,000円(税込)<11枚引換券 ※引換はS席が対象>
※10枚綴りのチケットに1枚分の無料チケットが付いたお得なセットです。

◎食事セット券:詳しくは公式サイトをご確認ください。
販売場所
  
購入 URL
◎JTBグループ各店舗 エースJTB、JTB及びJTB総合提携店 ★
http://www.jtb.co.jp/shop/
http://www.jtb.co.jp/shop/
◎万華響公式サイト(WEB直販サイト)<日本語・英語>
https://www.e-get.jp/jcd_2017/pt/
https://www.e-get.jp/jcd_2017/pt/
◎日テレゼロチケ
http://l-tike.com/ntvzero/
http://l-tike.com/ntvzero/
◎チケットぴあ
TEL:0570-02-9999 【Pコード561-516】
http://w.pia.jp/t/drum-tao-mangekyo/
http://w.pia.jp/t/drum-tao-mangekyo/
◎ファミリーマート(WEBサイト)
https://www.funity.jp/mangekyo-tokyo/
https://www.funity.jp/mangekyo-tokyo/
◎セブンチケット
http://7ticket.jp/
http://7ticket.jp/
◎JAPANiCAN.com(ジャパニカン)
※訪日インバウンド向け
http://www.japanican.com/en/
http://www.japanican.com/en/
◎サンライズツアー(コールセンターによる販売)
※訪日インバウンド向け
TEL:03-6743-1597
※営業時間:7:00~21:00(年中無休)
-
◎KLOOK ★
※訪日インバウンド向け
https://www.klook.com/
https://www.klook.com/
※上記各所での秋期公演チケット販売開始は6月20日(水)10:00から予定しております。
(但し、★印の販売箇所は、新宿会場分チケット販売が公演日の3か月前からとなります。)

話題のパフォーマンスを体験しよう!

【万華響公演2018 PRアンバサダー】
■加藤 綾子(かとう あやこ)

加藤 綾子

1985年生まれ、埼玉県出身。国立音楽大学を卒業後、2008年フジテレビに入社。『めざましテレビ』『笑っていいとも』など、数々の人気番組でレギュラーを務める。2016年、フリー転身後、CM、雑誌やスポーツ紙でも連載を持つなど、活躍の場を広げている。現在「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)、「世界に発信!SNS英語術」(NHK)に出演中。また4月から「ブラックペアン」(TBS系)での女優デビューが決定するなど、さらに活動の幅を広げている。特技はピアノが少し弾けること。

インタビューを見る>>

【万華響2018 映像演出】
■チームラボ

チームラボ

最新のテクノロジーを活用したシステムやデジタルコンテンツの開発を行うチームラボは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに活動している。47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」などアート展を国内外で開催。他、「ミラノ万博2015」の日本館、ロンドン「Saatchi Gallery」、パリ「Maison & Objet」、5時間以上待ちとなった「DMM.プラネッツ Art by teamLab」、シリコンバレー、台湾、ロンドンでの個展、シンガポールで巨大な常設展など。2018年夏に森ビル株式会社と共同でお台場・パレットタウンに「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」を開業。
チームラボ: http://www.team-lab.com/

【万華響公演2018 舞台美術】
■松井 るみ(まつい るみ)

松井 るみ

劇団四季を経てロンドンへ留学した後、舞台美術家として活動を開始。ブロードウェイデビュー作品にてトニー賞にノミネート。さらにOISTATより、"世界の最も名誉ある舞台デザイナー12人"に選出される。

【万華響公演2018 舞台衣装】
■コシノ ジュンコ(こしの じゅんこ)

コシノ ジュンコ

新人デザイナ-の登竜門「装苑賞」を最年少の19 歳で受賞。1978 年パリコレクション初参加。北京、NY(メトロポリタン美術館)、ベトナム、キュ-バ、ポ-ランド、ミャンマ-など世界各地にてファッションショ-を開催。国際的な文化交流にも力を入れる。オペラやブロ-ドウェイミュ-ジカル《太平洋序曲》(トニ-賞ノミネ-ト)などの舞台衣装、スポ-ツユニフォ-ム、花火のデザイン等を手掛けるほか、国内被災地への復興支援活動も行っている。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員。2025年国際博覧会誘致特使。文化功労者。TBSラジオ「コシノジュンコMASACA」(毎週日曜17時~)放送中。2012年よりDRUM TAOの舞台衣装を手掛けている。

【出演者】
■DRUM TAO(ドラム タオ)

DRUM TAO

THE 日本エンタテインメント」として世界で称賛されている、国内屈指のノンバーバル(非言語系)エンタテインメント和太鼓集団。世界24ヵ国500都市での公演で観客動員数800万人に迫る公演実績を誇る。
2015年にはブロードウェイ・トニー賞4部門にノミネートされた制作チームがTAOのために再集結し、2016年にはNY オフ・ブロードウェイ公演を大成功に収めた。世界中が注目するDRUM TAOの活動は、現在、多くのメディアからも注目を浴びている。

インタビューを見る>>

話題のパフォーマンスを体験しよう!

ページTOPへ戻る

話題のパフォーマンスを体験しよう!オンラインチケットはコチラから。